バスケ動画ブログ

バスケットボール動画をあれこれ紹介するブログ

富樫勇樹が教えるアメリカ仕込みの視界良好なシュートフォーム


富樫勇樹のシュートフォームに悩んでる人へ

 

NBAの下部組織Dリーグのテキサス・レジェンズでプレーしてたころの富樫が、アメリカで教わったというシュートフォームを説明している動画

 

ポイントは4つ

  1. シュートを打ちやすい幅に足を広げる
  2. ボールを利き手に乗せたまま、腕を伸ばし床と平行にする
  3. その状態で足を曲げて、腕をまっすぐ頭の横につける
  4. 肘が開き過ぎないように注意し撃つ

 

日本では真ん中、頭の真上から撃てという教えがあるかもしれないが、アメリカの高校時代に教えられたこのシュートフォームでは、頭の横につけることによってゴールが見やすくなり、シュートが打ちやすいのだという。

 

これだけの小さな選手があれだけ得点できるのは、シュートフォームがしっかりしてるからだろう。

バスケプレイヤーは、富樫勇樹アメリカ仕込みのシュートフォームを真似て、リングを見やすい状態で撃ってみたら、シュート成功率が上がるんじゃないだろうか

まあ、打ちやすいフォームが一番だから、いろいろ試してみて自分に合ったシュートフォームを見つけてほしい。