バスケ動画ブログ

バスケットボール動画をあれこれ紹介するブログ。問い合わせ先temp60977973☆ca.thn.ne.jpで☆を@に変えてください

敵をわざとケガさせるバスケ選手は嫌いだ

NBAのウォリアーズにはザザ・パチュリアというダーティープレーヤーとして有名な選手がいた。しかし彼はもういない。ウォリアーズからピストンズに移籍したからだ。

しかしNBAレイオフでウォリアーズの選手がザザ・パチュリアみたいなことをしてると話題になっている。

しかもそれが、今までダーティーなイメージがなかったクレイ・トンプソンだから、大きな波紋を呼んでいる。

 


Klay Thompson Wanna Injure James Harden Using Zaza Pachulia's Closeout! Rockets vs Warriors Game 1

 

着地点に足を差し込み捻挫させたプレーで有名だったザザと、それを受け継いだかのようなプレーをするクレイ。

ハーデンもショット後、前方向に着地してるし、彼がファウルをもらうのが上手くて、これまでフリースローで得点を稼いできたということを考慮しても、審判はファウルを取るべきだった。

これがプレーヤーの足首に大きな損傷を与える危険な行為だということは、だれもが分かっているからだ。

ハーデンがウォリアーズの危険行為に苦言「カワイに起こったことは皆知っている」(バスケット・カウント) - Yahoo!ニュース

 

スパーズは、ザザの↓このダーティープレーでエースを失った。


Kawhi Leonard Gets Ankle Re-Injured By Zaza Pachulia | May 14, 2017 | Spurs vs Warriors

 

この一件だけでなく、敵プレーヤーを攻撃するスタイルをとっていることはNBAファンには有名で、NBAでザザはダーティープレーヤーとしての地位を確立していた。

それでアンチを増やし、殺害予告までされている。


NBA《アメ本²話》ザザはダーティープレーヤー?(2017年5月)

 

つい最近ザザは、彼のダーティープレーの被害者であるラッセル・ウェストブルックから報復行為を受けていた。


Russell Westbrook Wanna Murder Zaza Pachulia With Hard Foul For Revenge! Thunder vs Pistons

 

ジャンプシュート後の着地点に足を突き出す行為。

富樫勇樹も、国際戦で被害に遭って怪我をした。


【男子代表】 日本一丸!カタール戦直前の富樫勇樹インタビュー

 

プロ選手は皆、バスケットボールに全てを捧げているわけで、審判は責任持ってしっかりファウルを取るべきだし、プレーヤーはたとえどれほど勝利を求めていようと、プレーヤーを故意に怪我させるような悪質なファウルはするべきではない。

自分がされていやなことは人にしちゃいけないというのは、人として当然だ。

怪我することがどれだけ辛いことか、プレーヤーであればみんな分かっているはずだ。だからしちゃいけないのだ。