バスケ動画ブログ

バスケットボール動画をあれこれ紹介するブログ。問い合わせ先temp60977973☆ca.thn.ne.jpで☆を@に変えてください

NBAシューズ規制を逆手に取ったマイケルジョーダンとナイキ

NBA選手は皆一流選手だが、自分用のシューズがつくられ、そのシグネチャーモデルが一般販売されてこそ、スターの中のスター、超一流選手と言えるのではないだろうか。

そういうシグネチャーモデルで大成功し、莫大な富を築いたのがマイケル・ジョーダンだ。彼が活躍していた時代、NBAのシューズ規制はきわめて厳しかった。

 


【NBA】NBA選手のバッシュがもっと自由になる!

 

これは、ジョーダンがNBAに入りたての頃の話だ。

彼とタッグを組むナイキは、才能ある彼のシューズをとにかく売りまくりたかった。

しかし、大きな敵が立ちはだかる。

それがNBAの規制だった。

今以上にバッシュのカラーリングに厳しかった、異常なほどに厳しかった当時のNBAは、ナイキが売り出そうとしているジョーダンのシューズに待ったをかけた。

「そんなに色が使われてるバッシュはダメだ!」

「そのカラーのシューズを履いたジョーダンは試合に出させないよ」

 

そのシューズを売りたいナイキからすれば、ひどい話だった。

ジョーダンがそのシューズを履いてNBAで活躍してこそ売れるのに、それを禁止されてしまっては打つ手なし・・・

かに思えた。

 

しかしナイキは、起死回生の策を思いついたのだ。

 

ジョーダンは撮影スタジオで禁止されたシューズを履き、シカゴブルズのジャージではないが、ブルズカラーの赤と黒のウェアを着てボールを持ち立った。

そして、こういうナレーションがつけられた。

「9月15日、ナイキは革新的なバスケットボールシューズを開発した。10月18日、NBAはそれを禁止した。幸いなことに、あなたたちが履くことをNBAは止められない。エアジョーダン、ナイキ」

 


AIR JORDAN 1 COMMERCIAL: Banned! (1985)

 

このCMが大当たりして、エアジョーダン1は爆売れした。

エアジョーダンシリーズを筆頭に、シューズを売りまくったナイキはシューズメーカーとして不動の地位を確立した。

 

今のNBA選手にとって、シューズメーカーとの契約は、人気面や収入面で重要で、どこのシューズメーカーと契約するかは、プロ選手の一生を左右すると言っても過言ではない。

 

シューズメーカーにとっても、人気になれる才能ある選手との契約は、喉から手が出るほど欲しいもので、逸材に熱い視線と激烈なラブコールを送る。

NBAドラフト指名確実と言われている日本人プレーヤー八村塁もその一人だ。

 

ナイキやアディダスアンダーアーマーといった海外企業や、アシックスやミズノといった日本のシューズメーカー、さらには中国企業まで八村塁争奪戦に加わっているという話だ。

どこと契約するにせよ、彼の成功を最大限サポートしてほしい。

 

basketballvideo.hatenablog.jp