バスケ動画ブログ

バスケットボール動画をあれこれ紹介するブログ。問い合わせ先temp60977973☆ca.thn.ne.jpで☆を@に変えてください

バスケのレアなシーンをまとめてみた!

タイトル通り、バスケのめずらしいシーンをまとめてみました。

 

このテーマで記事を書こうと思いついたのは、川崎ブレイブサンダース富山グラウジーズで、レアなファウルが出たから。 

 


【Bリーグ】川崎ブレイブサンダース 辻直人 ディスクォリファイングファウル

 

バスケには、「アンスポーツマンライクファウル」というファウルがある。

スポーツマンらしくない悪質なファウルということで、ファウルされた側にフリースローが与えられ、ファウルされた側のボールで試合再開。

 

そのアンスポよりさらに重い、一発退場のファウルがある。

それが、「ディスクォリファイングファウル」だ。

 

審判は、わざと殴ったと判断して宣告したんだろうが、

辻直人は好きな選手だから、わざとじゃないと信じたい。

 

「ディスクォリファイングファウル」はめったに出ないファウルだが、乱闘が起こると出番になる。

これ↓もそう。


【Bリーグ】京都ハンナリーズ 松井啓十郎と滋賀レイクスターズ ヘンリー・ウォーカーの接触及びその後のプレー

松井が脚を踏まれたから、どかそうとして、結果喧嘩になった。

 

京都と滋賀は、前にも乱闘を起こしている。


京都ハンナリーズvs滋賀レイクスターズ|B.LEAGUE第10節GAME2Highlights|11.27.2016 プロバスケ (Bリーグ)

やっぱり同地区のライバル意識が、熱い試合を生み、しかしその熱で、乱闘も生まれてしまうのだろうか。

 

東地区で11人もの退場者を出した、アルバルク東京千葉ジェッツの試合については、こっちに書いているが、

basketballvideo.hatenablog.jp

 選手が試合中に熱くなってしまうのは、仕方ないことだと思う。

それだけ本気で試合し、勝利を追い求めているということだから。

 

レアなシーン紹介は、ファウル編からシュート編に移ります。

まずはじめは、篠山竜青が日本代表の試合で見せたスーパーショット。

めちゃくちゃすごいし、実況もおもしろい。

 


【Amazing Performance】W杯アジア2次予選 篠山竜青#7 とんでもないブザービーター

 

↑の篠山竜青も所属し、最近、YouTube活動に力を入れ始めてる川崎ブレイブサンダースだが、

プロバスケ選手はどれくらい後ろからシュートが決まるか、という検証企画で、信じられないほどすごいものを見せていた。

【神回】というタイトルに偽りなしの動画がこちら↓


【神回】プロバスケ選手はどれくらい後ろからシュートが決まるのか検証した結果....

 

篠山竜青と同じく、日本代表のポイントガード富樫勇樹が、高速でぐるりと一回転して見せた、360度レイアップと、アイラ・ブラウンへのアリウープパス。


360° lay-up and alley-oop dunk in only 15 seconds!

 

次は、女子バスケのポイントガードのレアなシュート。

f:id:BasketballVideo:20191230201135p:plain

バスケゴール

リングとボードのつなぎ目の狭い部分に乗った奇跡的なシュート。

富士通町田瑠唯がファウルを受けながら放ったレイアップは、入らないだけでなく、落ちてもこなかった。

その狭いスペースで見事に止まったのだ。

 


【Wリーグ】富士通・町田瑠唯#10が放ったシュートがリング上で静止

 

これ↓もすごい。

もしかしたらヤニス・アデトクンボなら、NBAの試合中でもできるかもしれない。


Is This A 3 Point Layup

 

こっち↓は、オリンピック史上最高のダンク。

シドニーオリンピックで見せた、ビンス・カーターの巨人越えスラムダンク


Vince Carter's "Dunk of Death" | Throwback Thursday

 

続いては、日本の大学バスケから、レアシーン。

大倉颯太→平岩玄→八村阿蓮という流れの得点シーン。

東海大学センター平岩玄の顔面アシスト↓


どっちのアシスト!? 大倉颯太の予測できないパスを受ける平岩玄

 

 最後は、国際試合で起こった大乱闘。

日本代表とFIBAワールドカップのアジア予選を戦った、フィリピン代表とオーストラリア代表の大喧嘩。

 


Gilas - Australia brawl | FIBA World Cup 2019 Asian Qualifiers

 

さすがにこれはひどい

母国のために戦うから、熱くなるのは当然だが、やり過ぎだ。

 

この大乱闘があった時、フィリピンの人の英語コメントで、「オーストラリア代表が人種差別的発言をしたから、フィリピン代表がキレたんだ!」というコメントがあった。

 

basketballvideo.hatenablog.jp

 

真偽はわからないが、喧嘩両成敗という形で、両チーム出場停止を食らった選手が出た。

 

プロバスケ選手は、ゲームへの熱意だけでなく、冷静さも合わせ持たないといけないのだろう。

それは難しいことだ。

だけど、それができなければ、勝利は遠ざかってしまう。

 

というわけで、バスケレアシーンまとめでした。