バスケ動画ブログ

バスケットボール動画をあれこれ紹介するブログ

バスケアメリカ代表だって負けることもある【2006年日本での世界選手権ギリシャ戦】


Greece vs USA 2006 FIBA Basketball World Championship Semi-Finals FULL GAME English

 

日本で開催されたバスケ世界選手権ということで、日本でもバスケの国際試合が地上波で(確かTBSだったっけ?)観れたことを覚えてる。

日本代表は決勝ラウンドに行くことはできなかったが、開催国ということで大きな応援を受けていた。

 

それと、日本代表のポイントガード五十嵐圭がこの大会きっかけで、よくテレビに出るようになったのも覚えている。

プロスポーツ選手もルックスが大事なんだなと、思ったものだ。顔がいいスポーツ選手の人気が出るのは男子も女子も一緒だ。

 

決勝ラウンドは、さいたまスーパーアリーナで行われた。

準決勝で波乱があった。

優勝候補と目されていたアメリカ代表が、ギリシャ相手に敗北したのだ。

試合映像を見てもらえれば分かると思うが、スーパープレイが圧倒的に多かったのはアメリカだ。それでも最後に勝ったのはギリシャだった。

最終的に勝者としてコートに立っていたのはギリシャ代表で、レブロン・ジェームズカーメロ・アンソニーといったNBAスターたちは敗北しそこを悔しそうな顔で去っていった。

 

勝負に絶対はない。バスケットの国アメリカ代表だって負けるときがある。

猿も木から落ちるように、河童も川を流されるように、アメリカ代表もバスケで負けるのだ。ことわざとして新しく作ってほしいぐらいだ。

 

そりゃあ勝ち続けるのは難しい。やっぱりヨーロッパ勢は強いし、アメリカ代表との差は縮まってきてるんだろうなと感じる。

 

どこの国も最強アメリカ代表を倒そうと向かっていくわけで、負けてはいけないというプレッシャーが人一倍のアメリカ代表もそうとうに大変だろう。

 

それに、アメリカ代表も最高のメンバーを揃えられないという事情がある。

招集に応じないNBA選手が多いからだ。

NBAで莫大なサラリーを得てるNBA選手たちが、たいしてお金をもらえない代表戦のプレッシャーや疲労やケガのリスクを避けたがるからだ。

 

だからこそ、国を背負って戦うバスケ選手たちはかっこいい。

NBA選手たちが最強アメリカのプライドを胸に東京にやってくる2020が楽しみだ。